交通事故の慰謝料はもっと増額できる

交通事故に遭って怪我を負った場合は、その怪我の精神的な苦痛をお金に換算した慰謝料や怪我の治療費の実費などを含めた損害賠償金を加害者に対して請求することができます。しかし、その損害賠償金の具体的な金額を決める示談交渉を、任意で加入している自動車保険会社の専任スタッフに任せきりにしていると、実際に負った怪我の損害よりも損害賠償金の金額が少ないと感じることは少なくありません。そもそも自分が負った怪我に対する損害賠償金の相場を把握することが出来ず妥当な金額かどうかが判断できない状態であることが、ほとんどです。

損害賠償金の中で大幅に変動する要素が最も大きいのは慰謝料になります。精神的な苦痛という形に出来ない物から具体的な金額を割り出そうとしていることが原因です。そのため交通事故の慰謝料の金額は自賠法という法律で怪我の症状に応じた最低金額が決められています。

被害者側の自動車保険会社と加害者側の自動車保険会社の専任スタッフ同士の示談交渉が行なわれた場合、加害者側の自動車保険会社が提示する損害賠償金の金額は、その最低金額に近い慰謝料に基づいた額になっていることがほとんどです。その額に対して被害者側の自動車保険会社のスタッフも慰謝料の増額の交渉を、あまり熱心に行わないことも少なくありません。ですので交通事故で負った怪我の具合に応じた慰謝料を被害者が受け取れていないというケースは非常に多いのです。

どうしたら怪我の具合に応じた損害賠償金に増額できるのかというと、交通事故の示談交渉の実績が豊富な弁護士に示談交渉の代理人になってもらうのが最も良い方法になります。得意分野が交通事故の弁護士は損害賠償金について法廷で争ったときに被害者が獲得できる慰謝料も把握しているのです。これを弁護士基準慰謝料といいます。そのため示談交渉は交通事故の実績が豊富な弁護士に代理人になってもらうことによって大幅な増額を期待することができるのです。
交通事故に強い弁護士は神戸 AI法律事務所