交通事故の特徴的な事故実態について

交通事故の原因は、漫然運転・脇見運転・運転操作不適・安全不確認等の運転者の運転時の注意義務違反を原因となることが少なく無いです。
これらに注意すれば交通事故の発生確率を下げることができます。

その他は、高速走行・信号無視・優先通行妨害等が原因となり、これらも本人の注意によって防げることができます。
つまり、交通事故は運転者本人が注意すれば少なからず防げます。

また、交通事故の場合話しがこじれる傾向にあります。
というのも、自動車等の事故の場合、事故にあった被害者の被害が少なく無く、例えば骨折したりして治療費が長期的にかかり多くの金銭補償が必要になったりします。

交通事故の為に仕事を休んだり、その他本来であれば得られた利益に対する補償が必要になったり、様々な金銭的補償が考えられます。

高額の金銭補償が必要になれば、双方の妥協点が見つけられにくくなり、話しがこじれてしまい、問題解決に多くの時間と労力が必要となってしまいます。

場合によっては、裁判所の裁判による判決によって問題解決を行うということになり、この場合には、弁護士費用等の裁判に関するお金が発生します。

交通事故は民事事件だけで無く刑事事件に発展する場合もあり、その場合は、相手が裁判で有利になる為に嘘をついてくることも考えられます。

交通事故は、突発的に起きることが少なく無く、裁判外でも裁判でも話しがこじれた場合、自己に有利な証拠が必要になりますが、
突発的に起きるので証拠の確保が難しい傾向にあります。

この様に、交通事故の実態は、本人の運転の際の不注意を原因となることが少なく無く、
多くの金銭的補償を必要とすることが考えられ、話がこじれると裁判になり問題解決の為により多くの時間とお金を要するという実態があります。

話しがこじれる前に早期に弁護士等の専門家に相談して適切な問題解決をはかり、双方が納得できる問題解決を行うことを考えた方が良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です