交通事故の慰謝料は保険会社に全てまかせると大損する?

交通事故の慰謝料の計算を保険会社にすべて任せると大損する可能性は高くなります。
これは、保険会社にとって有利な金額でしか慰謝料金額を提示しないからに他なりません。
この会社の職員は、交通事故に関する法律的な知識を豊富に有しています。

そのため、自分たちにとって有利となる話を進めていき、結果的に少額の示談金で話を終わらせるようにしてきます。
そして、ほとんどの被害者はこれに対抗することができないようになっているのです。
なぜ満足に対抗することができないのでしょうか。これには、被害者側の事情が関連しています。
そもそも、交通事故の被害者というのは自動車の物損だけではなく、心身に大きなダメージを背負っている可能性が高いです。

この場合、早期に問題を解決して金銭的な補償をしてもらわなくてはいけません。
仮に、交通事故によって会社に働きに行くことができなくなってしまっているときには、会社からの給料を貰えなくなってしまうため非常に不利になってしまいます。
状況が悪いと、会社を首になってしまう可能性があるわけです。

この点を保険会社は理解していますので、被害者側が示談金に納得をしない場合には話し合いを長期化するように持っていきます。
長期化すると保証をしてもらうことができなくなる被害者は焦ってしまい、保険会社側が提示する相場の安い示談金で納得をしてしまうようになるわけです。
こうした一連の流れがあるため、被害者側が大きな慰謝料を欲しいと考えていても保険会社が提示する安い慰謝料で納得をせざるを得なくなってしまっているのです。

こうした問題点を解決してくれるのが、弁護士です。弁護士の強みは、保険会社と同じように法律的な観点から被害者の言い分が正しいということを証明してくれることです。
弁護士は、保険会社の基準ではなく過去にあった事例や判例を参考に話し合いを進めていきますので、
被害者にとって有利な示談を進めてくれます。ですから、

なるべくならば弁護士に任せて保険会社に任せない方が得策なのです。